ルール・裁定

デジモンカードゲームのイベント用フロアルール Ver.1.0が公開

  1. TOPページへ >
  2. ルール・裁定 >

デジモンカードゲームのイベント用フロアルール Ver.1.0が公開

TCG「デジモンカードゲーム」フロアルール Ver.1.0公開

スリーブは~とかシャッフルが~とかで度々揉め、その度に「フロアルールをはよ!」と懇願していたわけだが、2021年3月5日。遂にフロアルールが公開された。全文は以下リンクを参照

TCG「デジモンカードゲーム」フロアルール Ver.1.0

重要箇所抜粋

プロキシ

プレイヤーは、大会毎のレギュレーション(=大会毎に定められたルール)で決められたカードを使用します。 どのような大会でも、偽造されたカード(コピーや手作りによる代用カードを含む)を使用することはできません(トークンのカードはその限りではありません)。

スリーブ

カードのオモテ面・ウラ面・側面に、同じデッキ内の他のカードと区別できる傷、汚れ、印、反りなどがある場合、ジャッジの判断により使用できない場合があります。ただし、スリーブを使用することで区別がつかなくなる場合は、使用することができます。

トークン

トークンは、あらかじめプレイヤーが用意した分のみ、ゲームで使用できるものとします。もし対戦中にトークンの数が足りなくなった場合、それ以上トークンを対戦で使用することはできません。

シャッフル

デッキをシャッフルするとは、デッキのカードの順番が、お互いのプレイヤーにわからないよう、十分ランダムになるまでよく混ぜることです。すべてのプレイヤーのデッキ・デジタマデッキは、それぞれの対戦が開始したときと、対戦中「デッキ(またはデジタマデッキ、セキュリティ)をシャッフルする」と指定された直後は、十分ランダムになるようシャッフルされた状態でなければなりません。デッキをシャッフルするときに不正な操作を行った場合、厳しいペナルティが科せられる対象となります。

時間切れ

個別の対戦に制限時間が設定されていて、その時間内でゲームが終了しなかった場合、以下の手順に従って勝敗判定が行われます。

1.セキュリティの残り枚数が多い方が勝利(同数か、お互い5枚以上の場合は次へ。引き分けがあるレギュレーションの場合、これで勝敗が付かなければ以降の判定は行わず、引き分けとする)

2.デッキの残り枚数が多い方が勝利(デジタマデッキは考慮しない。トークンは数に含めない。同数の場合は次へ)

3.バトルエリアのデジモンの体数が多い方の勝利(デジモンのLv.・進化元の枚数は考慮しない。バトルエリアのデジモンとして扱うトークンは、1枚につきデジモン1体として数える。同数の場合は次へ)

4.手札枚数の多い方が勝利(同数の場合は次へ)

5.じゃんけん1回勝負で勝ったほうが勝利。あいこの場合は勝敗がつくまでじゃんけん。

不正行為による対戦結果の操作について

プレイヤーはどのような大会であっても、対戦相手と相談して試合結果を決定する、もしくは改ざんする行為をしてはいけません。

-ルール・裁定

© 2021 デジモンカード情報まとめ Powered by AFFINGER5