速報ニュース

デジモン速報:東映アニメーション株式会社「2022年3月期 第2四半期決算」公開、デジモンゴーストゲームに関する言及も、海外版権事業でデジモンが活躍したこともあり通期決算予想を上方修正だって!すげえ!

  1. TOPページへ >
  2. 速報ニュース >

デジモン速報:東映アニメーション株式会社「2022年3月期 第2四半期決算」公開、デジモンゴーストゲームに関する言及も、海外版権事業でデジモンが活躍したこともあり通期決算予想を上方修正だって!すげえ!

東映アニメーション株式会社 2022年3月期 第2四半期決算

Youtubeチャンネル開設しました登録お願いします!

11月26日発売 デジカ第8弾 「ニューヒーロー」

BOX

12月24日発売 EX2「デジタルハザード」

デジタルハザード予約受付中

BOX

10月29日発売 デジモンカードゲーム スタートデッキ「究極の古代竜」「異世界の軍師」

究極の古代竜 異世界の軍師

究極の古代竜 1,056円 20%OFF

異世界の軍師 1,056円 20%OFF

東映アニメーション株式会社 2022年3月期 第2四半期決算 公開

東映アニメーション株式会社が「2022年3月期 第2四半期決算」を公開した。

最新決算資料が3件公開されまして、その中の「決算補足資料」にデジモンのことがチラチラ書かれているのでまとめておきますた

下記一部抜粋のまとめ

「海外版権」は、「ドラゴンボール」シリーズのゲーム
化権販売や「スラムダンク」のアプリゲームに加え、
「ドラゴンボール」シリーズや「ワンピース」、
「デジモンアドベンチャー」シリーズの商品化権販売
が好調に稼働したことから、大幅な増収

※通期業績予想を上方修正した理由について
今期売上計上予定だった大型劇場作品の納品が来期以降に期ずれしたものの、
利益率が高い海外版権事業で「ドラゴンボール」シリーズや「ワンピース」、
「デジモンアドベンチャー」シリーズの商品化権販売が好調に推移

今期展開の映像作品の状況
 TV「デジモンゴーストゲーム」
-2021年10月3日(日)より、初期シリーズのリブート作
品「デジモンアドベンチャー:」から完全新作へ移行
-1話完結のホラーテイスト作品で、メインターゲットの
小学生を中心に幅広くデジモンブランド訴求を目指す

決算短信の方でもちょろっと触れられてるよ

②版権事業
国内版権部門では、「ワンピース」等の商品化権販売が好調に稼働したものの、「ドラゴンボール」シリーズ
のゲーム化権販売が前年同期の勢いには至らなかったことから、大幅な減収となりました。
海外版権部門では、「ドラゴンボール」シリーズのゲーム化権販売や「スラムダンク」のアプリゲームに加え、
「ドラゴンボール」シリーズや「ワンピース」、「デジモンアドベンチャー」シリーズの商品化権販売が好調に
稼働したことから、大幅な増収となりました。
この結果、版権事業全体では、売上高は167億33百万円(前年同期比21.2%増)、セグメント利益は83億77百万
円(同24.1%増)と大幅な増収増益となりました。

まあ! ドラゴンボール様やワンピース様が天上人で頭が上がらないのは勿論だけど、デジモンも期待以上に活躍したみたいで、良いように書いてあるね! よかった!

-速報ニュース
-

© 2021 デジモンカード情報まとめ Powered by AFFINGER5