お役立ち情報 雑記

デジモンカードゲームの歴史。2020年02月の「プロモーションパックVer0.0」配布から現在に至るまで

  1. TOPページへ >
  2. お役立ち情報 >

デジモンカードゲームの歴史。2020年02月の「プロモーションパックVer0.0」配布から現在に至るまで

2020年4月24日にスタートデッキが発売されて今日で1年。うれしいですね。

これを機にデジモンカードゲームの歴史を一覧にしました。環境デッキの推移や、節目節目での出来事など備忘録としてまとめています。

もくじ

2021年

4月23日スタートデッキ「デュークモン」「アルフォースブイドラモン」「デジモンカードゲーム オフィシャルカードスリーブ2021」発売

スタートデッキデュークモン スタートデッキアルフォースブイドラモン

デジモンカードゲーム オフィシャルカードスリーブ2021 パルスモン

新効果メモリーブーストが登場。活躍のほどは情報収集後に更新。

4月21日Vジャンプで「アグモン-勇気の絆-」「ガブモン-友情の絆-」が公開される。またもネットショップで在庫が枯れる

カードパワーの桁が違う新規カードが明らかになる。バトルオブオメガと同様に、この日からネットショップでダブルダイヤモンドが飛ぶように売れだす、現在、ネット上での事前予約はほぼ完売状態。

スタートデッキの発売を目の前にしてユーザーの意識は明後日の方向に向かいだす。

4月1日「テイマー交流会」の参加景品で「パルスモン」が配布開始

シングル価格が1枚2,000円程したパルスモン。このパルスモンの廉価版が登場し、多くのテイマーが救済される。

ソニックヘッジホッグ、ゼラオラなど散々な言われようだが、俺はめちゃくちゃかわいいと思うし、好き。

4月1日「テイマーバトル」の優勝プロモ景品が「スティングモン」に変更。参加賞「テイマーバトルパック5」の配布開始

スティングモン

3月26日「1周年記念プロモーションパック配布キャンペーン」開始

一周年記念プロモーションパックの実物画像を各店舗が紹介!3月26日から配布開始!パルモン、スナリザモンなど新たな汎用カードを見逃すな!

「レアリティは高いが強くはない」ポジションだったカードが強化される。アグニモンによりエンシェントグレイモン、ヴォルフモンによりエンシェントガルルモン、テイルモンによりマスティモン、スナリザモンによりブラストモン、ピコデビモンによりダンデビモンが強化され、ブラストモン以外は大会で見かけるレベルに強化された。これによりグレイトレジェンドの評価が徐々に見直される。元々じわじわと評価をあげていたが、「賛否両論、しかし6割が否」から「賛否両論、だいたいが賛」くらいに盛り返す。

ただ緑だけはパルモンにより全体的にパワーアップし、元々強いのに、もっと強くなった。何故なのか。

3月13日「パルスモン」がバイタルブレスの特典として配布される

パルスモン

必須カードが特典になり、いつものようにユーザーの怒りが爆発する。

デジモンファンは口は出すが金はだしたくない生き物なのだ。これに折れてなのか、BANDAIは「テイマー交流会の景品で別イラストVerが配られます💦」とすぐにアナウンスした。

3月1日「テイマーバトル」の優勝プロモ景品が「キメラモン」に変更。参加賞「テイマーバトルパック4」の配布開始

2月26日「ブースター五弾 バトルオブオメガ」発売

バトルオブオメガ

赤・青はオメガモンを得て「ワンショット」系として頭角を現す。黄はロードナイトモンを得て展開力を身に着け、オールラウンドタイプのデッキとして更に強力に。緑は制限を受けて弱体化すると思われたが、ラフレシモンを得てむしろ以前より最適化したまである。黒はアルティメットフレアに可能性を感じ、紫はオメガモンズワルトDEFEATで人々を叫ばせた。

ニーズヘッグモンの数が減ったことでアグロも復権し、オメガモンで最大値が高まった究極体コントロールは最強の一角まで上り詰めた。

様々なデッキが大会で結果を残し、グレイトレジェンド環境よりも楽しめる環境と言える。

2021年2月12日「秘めたる力の発現」「アルゴモン」が制限カード指定される

黄緑の2強環境と見せかけて、1コストあれば1ターンでLv.3からLv.6に進化でき、1枚で複数のカードを除去できる緑のカードパワーは頭一つ抜けていた。

これをBANDAIは重く受け止め、原因が「秘めたる力の発現!!」と「アルゴモン」にあると考え、デジモンカードゲーム初の制限カード(※デッキに1枚までしか採用できない)に指定した。この制限は2021年3月1日から反映された。

結果、この制限実行とバトルオブオメガの発売をきっかけに他色が台頭しだし、群雄割拠環境になるので、良調整だったと思われる。「なら刷るな」という声もあるが刷ってしまったんだから仕方ない。

2021年1月29日「デジカ1周年記念パラレルカード投票」が開催される

「そろそろデジモンカードゲーム誕生から一年……。」ということで、5つの1周年企画が公表される。

その1つで、アンケートを行い上位10枚をパラレル再録する「デジカ1周年記念パラレルカード投票」される。

1月21日Vジャンプで「オメガモンズワルト」が公開される。バトルオブオメガが高騰しだす

前弾グレイトレジェンドの売り上げがまずそうな雰囲気がデジカユーザー全体に広まっており、一部の心無いユーザーから「サ終」「オワコン」などネガキャンをされていたデジカが猛反撃。Vジャンプでバトルオブオメガ収録のオメガモンズワルトを公開。翌々日にバトルオブオメガの販促ポスター情報がリークされ、オメガモンのスペックが明らかになる。

グレイトレジェンドの影響を受け、バトルオブオメガの事前予約は1箱3,000~3,500円台だったが、ここから高騰。楽天、駿河屋などのネットショップから即日姿を消し、Amazonでは1箱7,000円台のプレ値が付く事態に。風の噂によるとある店舗ではグレイトレジェンドの20倍売れたらしい。オメガモンは偉大だった。

1月1日「テイマー交流会」の参加景品で「太一、おっきくなったね」が配布開始

2020年

12月18日「ブースター四弾 グレイトレジェンド」発売。偉大な必要悪「ニーズヘッグモン」と「カオスモン:ヴァロドゥルアーム」が登場

アグロにとって最強の天敵「ニーズヘッグモン」が登場する。これによりアグロの数が激減し、デジモンカードゲームは再び「進化させるゲーム」に戻る。

グレイトレジェンドはSEC枠の汎用性が低かったことから「魅力△」と非難され、発売日当日にBOXが半額で売り出される異常事態が起きる。だが、デジモンカードゲームに与えた影響は大きく、まさに「偉大な伝説」と呼ぶのにふさわしいパックだった。

緑には「ニーズヘッグモン」と「ライラモン」、黄には「ウォーグレイモン」と「絶光衝」が与えられる。さらに黄緑から進化できる「カオスモン:ヴァロドゥルアーム」がオメガモン以上に強力で、黄緑2強環境が始まる。

順当進化させるデッキが勝てるデッキになったことで、デジカユーザーから「今の環境は最高に楽しい」と評価される。

しかし「秘めたる力の発現!! 強力すぎ問題」が勃発。2枚あればどんな盤面でも更地にできた秘めたる力の発現!!は多くのユーザーからヘイトを買うことになる。

この頃から戦い方のセオリーが変わってくる。1-2弾環境は、育成エリアにデジモンをとどまらせることは悪手とされており、Lv.3以上に育った段階で積極的に移動させ、進化ドローを1回でも多く行い、手札を潤すことが優先されていた。

しかし、ビクトリーグレイモン、ズィードガルルモン、メガログラウモン、ニーズヘッグモンなどデジモンを簡単に除去できるカードが増えたことで、育成エリアからの不用意な移動は敗北に直結するようになり、相手のデッキタイプと手札を読みながら育成エリアでデジモンを育てる戦術が主流になる。

12月11日「デジモンカードゲーム オフィシャルスリーブ2020」が発売、「オメガモン」スリーブが大人気!

デジモンカードゲーム オフィシャルスリーブ2020

オメガモンスリーブが飛ぶように売れプレ値が付いた。

12月1日「テイマー交流会」の参加景品で「パタモンの告白」が配布開始

12月1日「テイマーバトル」の優勝プロモ景品が「ライズグレイモン」に変更。参加賞「テイマーバトルパック3」の配布開始

11月27日「テイマーグッズセット」受注受付開始

テイマーグッズセット

11月26日新たに緑・黒・紫の「スタートデッキ」発売。同日に「スタートデッキ購入キャンペーン」開催、さらに環境が荒れる

デスクロウ

ケレスモン、青緑アグロ、ラグナロード究極体コントロールの三大害悪デッキの間に、新スタートデッキの力を授かった「紫アグロ」とキャンペーン配布のメタルガルルモンを悪用した「紫デジバ」が加わる。

ケレスモンは一度進化してしまえば勝ちだが、アグロは進化するより早くゲームセットに持ち込むことができた。さらにこの頃の緑はデジモンの除去をアタックに依存していたため、紫の道連れに弱い弱点があった。

アグロが更に勢力を拡大し、デジモンカードは「進化させないゲーム」になりつつあった。進化に魅せられていた多くのデジカファンがヘイトを溜め込んだ。

11月1日「テイマー交流会」の参加景品で「ジョグレス進化 今、心をひとつに」が配布開始

10月31日「ブースター三弾 ユニオンインパクト」発売。緑がブッ壊れる

秘めたる力の発現!!

待望の第三弾「ユニオンインパクト」が登場。ここからブースター名が英語表記からカタカナ表記に変わる。

オメガモン時代が終わる。緑に「秘めたる力の発現!!」「ケレスモン」「セントガルゴモン」「ブロッサモン」などの”壊れ”カードが新規に与えられる。これまでの鬱憤を晴らすように暴れまわった。

赤オメガは「オメガモン Alter-S」を得て、「ダブルオメガ」に改名し、緑とアグロの横展開にワンチャンあるデッキとして生き延びたが、青オメガは滅んだ。

この頃から青と緑の良いところどりデッキ「青緑アグロ」が台頭しだす。攻めては登場コスト2のデジモンが横並びし最速でゲームエンドを目指し、守ってはセキュリティからフラウカノン、ハンマースパーク、ボジトロンレーザーが飛び出るなど、前述したケレスモンデッキとはまた違うヤバみがあった。

初手「デュランダモン」「ブリウエルドラモン」から次のターンに「ラグナロード」に進化し、最短で圧をかける「究極体コントロール」も台頭しだし、環境が最も荒れた時期と言える。

10月1日「テイマー交流会」の参加景品で「新たな世界」が配布開始

10月1日「テイマーバトル」の優勝プロモ景品が「ワーガルルモン」に変更。参加賞「テイマーバトルパック2」の配布開始

9月19日「TAMER'S EVOLUTION BOX」受注受付開始

TAMER'S EVOLUTION BOX受注受付開始10月28日まで
速報:TAMER'S EVOLUTION BOX受注受付開始10月28日まで

TAMER'S EVOLUTION BO ...

続きを見る

8月1日「テイマーバトル」開始!優勝プロモ「メタルグレイモン」と参加賞「テイマーバトルパック1」の配布開始

テイマーバトル

テイマー交流会よりも競技性の高い「テイマーバトル」が開始! 優勝プロモのメタルグレイモンは一時期暴騰し、20,000円超で買取するカードショップも出現した。

7月25日「デジモンカードゲーム プロモーションパック」配布開始

「デジモンカードゲーム プロモーションパック」

圧倒的カードプール不足だった黒と紫に新規が投入される。が、まだまだ力不足でオメガモンの牙城は崩せず。

このプロモーションパックはテイマー交流会での配布、雑誌カードゲーマーの付録、デジモンショップでの買い物特典などで世間に配られた。

7月28日「ディアボロモントークン」配布開始

速報:公式サイトで「ディアボロモントークン」のダウンロード配信が開始

公式サイトの「ULTIMATE POWE ...

続きを見る

7月22日「ブースター二弾 ULTIMATE POWER」発売。新色黒・紫登場

ULTIMATE POWER

待望の第二弾「ULTIMATE POWER」が登場! 一気に112種もカードプールが増え、新効果吸収進化、再起動、道連れが登場、戦術がより多彩にーーーー。ならなかった。前弾のオメガモンが強すぎたことが明らかになりだす。赤オメガ・青オメガがTOPの環境が継続。

と、思わせておいて、よくよく見ると必ずしもそうとは言えなかった。

たしかにテイマーバトル・交流会の結果をみると青オメガの優勝が多かったが、大型非公認大会では爆発力のある「アルフォースブイドラモン」や「シャイングレイモン」が優勝をかっさらっていた。

再現性があり安定している赤オメガ・青オメガVS爆発力のアルフォースブイドラモン・シャイングレイモン。何だかんだ面白い環境だった。

黒・紫はカードプール・パワー不足で一歩出遅れていた印象。緑はアルゴモンを並べてオメガモンに一斉除去されていた。

この頃からアグロも究極体コントロールも少数存在していたが、青オメガが展開力・除去力・解決力を併せ持つ万能デッキだったので目立った結果は残さなかった。

7月12日「デジモンカードゲームTVCM カードバトル編(30秒ver)」がテレビCMとYouTubeで公開される

速報:「デジモンカードゲームTVCM カードバトル編」が公開されました

「デジモンカードゲームTVCM カードバ ...

続きを見る

7月上旬 テイマー交流会が開始!

テイマーバトル

2020年7月上旬頃から、少数ではあるが、テイマー交流会が開始される。

参考:6月29日-7月5日の大会結果や使用デッキコンセプト・採用率まとめ

6月1日 店舗イベントがちょろちょろと開始されだす

2020年6月頃からカードショップにおける非公式大会が開始される。

参考:6月1日-6月7日の大会結果や使用デッキコンセプト・採用率まとめ

オメガモンとメタルガルルモンを攻めの軸にした青オメガ、オメガモンと最強グレイモンでごり押しする赤オメガ、グランクワガーモンとディメンションシザーを組み合わせる一撃必殺、リカバリーと除去で相手をコントロールする黄、ブイドラモン・ケルベロモンの連続攻撃などが結果を残した。

オメガモンの実力は頭2つ程抜けており、人々は圧倒的パワー、除去能力、二回攻撃に酔いしれた。

5月21日「Vジャンプ 2020年7月号」の付録で「ブイドラモン ゼロ」「八神太一(デジモンアドベンチャー Vテイマー01)」が登場

ブイドラモンやケルベロモンのアクティブ効果を活かす「連続攻撃デッキ」が誕生する。

当時はジャミングが実用的でなかったので、DPの高いデジモンを多く採用することで簡単に対策ができた。なので「たまに見かけるよね」レベルのデッキだった。

この頃は、新型コロナウィルスで公式イベントが開催されず、人々はDiscordやZoomで対戦相手やイベントを発見し、対戦に勤しんでいた。

5月15日「ブースター NEW EVOLUTION」発売。TCGは進化する

ブースター NEW EVOLUTION

ブースター「NEW EVOLUTION」が発売される。新カードが115種、新色「緑」が登場し、様々なデッキタイプが登場する。

「オメガモン」の登場で、パワー不足だった青が弱点を補完し台頭しだす。オメガモンが切り札の「赤オメガ」と「青オメガ」は、この後第二弾ブースター「ULTIMATE POWER」が発売しても強大な力を持ち続け、半年近く環境を席巻する。

黄・緑はLv.7デジモンが与えられず、それどころかLv.6デジモンのパワーが低かく、この頃は一部の熱狂的なファンが使用するレベルだった。

4月24日「スタートデッキ」「スリーブ」「カードケース」発売。新デジモンカード始まる

スタートデッキガイアレッド

スタートデッキが3種発売される。

  • ガイアレッド
  • コキュートスブルー
  • ヘブンズイエロー

この時点では赤の圧倒的パワーを封じる術が存在せず、圧倒的一強環境。

同日に「デジモンカードゲーム オフィシャルカードケース」「デジモンカードゲーム オフィシャルスリーブ」も発売され、”新”デジモンカードゲームが本格的に動き出す。

デジモンカードゲーム オフィシャルスリーブ デジモンカードゲーム オフィシャルカードケース

4月1日「最強ジャンプ2020年5月号」の付録で「アグモン」「グレイモン」が登場

アグモン

スタートデッキ・1弾環境で猛威を振るう「最強セット」が登場。

3月21日「Vジャンプ2020年5月号」の付録で「ガルルモン」「ワーガルルモン」が登場

2月29日「プロモーションパックVer0.0」配布

プロモーションパックVer0.0

「バトルスピリッツ コラボブースター デジモンLASTEVOLUTION」が発売。

コラボブースター デジモン LAST EVOLUTION

その購入特典として「プロモーションパックVer0.0」が配布される。収録カードは以下カードリストを参照。

-お役立ち情報, 雑記

© 2021 デジモンカード情報まとめ Powered by AFFINGER5