雑記

デジモンカードエクストリーム大会レポート(2)「遂に開催ぐぅデジ杯!お前は…あれだ!!」

  1. TOPページへ >
  2. 雑記 >

デジモンカードエクストリーム大会レポート(2)「遂に開催ぐぅデジ杯!お前は…あれだ!!」

前回の大会レポート:デジモンカードエクストリーム大会レポート(1)「対峙する者全てを不幸にする皇帝竜」

去る3月28日ーーー。関東のデジモンファンが渇望してやまないCS大会。そのCS大会のTier1といっても過言ではない「ぐぅデジ杯」が開催された。

私はこの日もMCを担当。気合MAX、会場に1時間前到着。

「己に喝!」とゲン担ぎで食した朝飯のカツがこの上なく重い、すでにグロッキー。もう若くない。

同会場で外国の方々の集会があったのか、会場前には強そうな外人さんが鎮座・Put your hands up

俺には時間しかないので交流に挑戦、「HELLO!」「何してるんだ来た?」「ブラザ~デジモンって知ってるか?」「デジモン?」「こいつさ!」「COOLだな」そんな他愛もないトークで30分くらい時間を潰させていただく、いつの間にか会場開場! 俺のCSは怒涛の会場設置から始まる。ぐぅさんは筋力が0。マジで力仕事がダメ、後日判明したが走るのもダメ。CS当日は誰か手伝いに来てくれると嬉しい。

大会開始1時間前、残エネルギーほぼ0

開始時間を14時と勘違いしていた俺はエネルギー配分を完璧に誤る。1時間前到着は早すぎた、知らない人と会場の外でおしゃべりしている場合ではなかった。

体力はほぼ無、チームメイトのUMR(@umr629_2)に高石タケルとトレードしたリポDでなんとか繋ぐ。

大会終了まで持つか……? 1日は始まったばかり。頑張れ!

大会開始1回戦 VS 気が合いそうなお兄さんの紫

ぐぅデジ杯は、チーム内で同じカードは4枚までの特殊ルールが設けられている。そのため、普段のテイマーバトルではあたらないような珍しいデッキと当たる頻度も高い。

初戦の相手は紫、プレイマットがガッシュベルの「レイラ」だ! 俺が人生一好きな漫画は「金色のガッシュ!!」、彼とはきっと気が合うだろう。ちなみに好きなシーンは「お前は…あれだ!!」

お前はあれだ

対する俺のデッキは、昨日に引き続き「インペリアルドラモン」昨日の勢いをそのまま生かせるかーーーー?

デジタルゲート・オープン! どっちが先手か忘れたが、色が分かったところで、まずは要警戒カードを想定。

「キメラモン」「カオスデュークモン」は「パイルドラモン」「ディノビーモン」にもらうと致命傷なので前に不用意に出せない、横展開は確実にセキュリティを削れるか、リーサルをかけるときに絞るべきかな~まあ、1枚目のセキュリティはもう運だわ、割り切りで行こう、ここで「オメガモンズワルトDEFEAT」引いたら、それはもう仕方ねーよ。こっちのアグロムーブでセキュリティから白のテイマーも怖いけど、八神太一&石田ヤマトはオメガモン系が出ない限りは紙だし、勝負はどっちに転がってもその前に決まりそう、相羽タクミは割り切り。

まぁ~なんとなく、紫にはスピード勝負挑めば速度勝ちできそうだな~というイメージがあったので、「キメラモン」「カオスデュークモン」をケアしながらアグロムーブ! 途中「相羽タクミ」に嫌がらせを受けるが、「揺らがない自信」で撃破! 勝利!

UMR氏は初心者故いいところなしでボコボコにされていたが、もう一人のチームメイト”町田の危険人物”こと「けびん(@Kevin_424749)」さんが強敵に勝利!

個人・チームともに勝利! やったあ!

2回戦 VS 会いたかったあの人の緑

2回戦の相手は、「ちいかわ」を推しのあの人、前々からなんとなく気が合いそうだと思っていたお方。お互いにお互いを認知していると宣言し、緩やかな雰囲気の中激闘のゴングが鳴る。彼はバディの強豪らしく、デジカも間違いなく上手いはず、しかも緑。気を引き締める。

ケツから書くと負け!

俺はどうしても負けたくない相手がいる。それは左手薬指に指輪をはめている者達だ。彼らは「同じ条件でデジカに励んでいる者達」とでもいおうか、同じ条件の中で1番になりたい、だから負けたくない、その内既婚杯を開催して誰が既婚者最強か決めたい。

だがしかし負け~~~! 負けはしたが最高に楽しかった。一進一退。勝負を決めたのは「秘めたる力の発現!!」からの「ニーズヘッグモン」

ニーズヘッグモンケアで出しておいた「オメガモン」も、ピョコモンによるDPアップもかみ合って消されてしまい、盤面が更地。

挽回不可能の戦力差で一気に押し切られ敗北。いや~本当に楽しい試合だった。

ケレスモンにずたずたにされた(参照:前回ブログ)デジモン感がインペリアルドラモンにより少しずつ戻ってきているのを感じれた。デジモンカード楽しい!

たしかチームは負け。

3回戦 VS リベンジャー!「俺を本名で呼ぶ男」の緑

ハンマースパーク

昨日に引き続き、またもや「俺を本名で呼ぶ男」の緑

詳細は前回記事を参照:デジモンカードエクストリーム大会レポート(1)「対峙する者全てを不幸にする皇帝竜」

緑は苦手対面。だが既に「魂の格付け」は終了しているぜ……? 氏は本当に戦いたくなさそうにしている。なんだかよくわからんが負ける気がしねえ! デジタルゲートオープン!!

緑相手にやることは1つ! 上振れを目指す!!! 育成エリアでちじこまったら万に一つも勝ち目はない、序盤にアタックを積極的に結構し、手札に必殺の札があるぞと見せかけプレッシャーをかける、しかし今日の氏は強い! 事故もない、ミスもない! 試合は緑優勢で進む、2枚目のセキュリティがハンマースパークで多少慌てさせるがタイミングがよろしくない、大した影響はなし。

そして、最終局面……。

俺「もう俺のセキュリティ1枚だね……。」

相「ハンスパ2枚見えてるし、1枚セキュリティからでてるし……。もうないでしょ、勘弁してよ、もう勝たせてよ」

俺「大丈夫だよ、安心してよ、さすがに君の勝ちだって、そんなビビらないでアタックしなよ~」

相「アタッ……」

俺「セキュリティチェック、ハンマースパーク、ターンもらいます、パイルドラモンアタック、インペリ進化、アタック、アクティブ、アタックでG.G(グッドゲ~~~ム)~~~!!!」

やはり最後はハンマースパーク! 運こそが俺の実力の神髄。ノリと運ととコミュ力だけで生きてきた! 俺の人生の総括で完勝~~~!

たしかチームは負け。

4回戦 VS 本日全敗の男の紫

八神太一&石田ヤマト

個人成績は2勝1敗だが、チームメイトのUMR氏が本日初大会故、中々白星を挙げられない、加えて、チームの勝利はかみ合わず、決勝トーナメント進出は絶望的な状況。

相手のチームも同じような状況、絶望VS絶望の絶望対決だ。

対戦相手はこう申す「今日まだ1勝もしていません、主催の方ですよね? 勝たせてください!」鼻で笑って対戦スタート。俺は主催と見せかけてただのお手伝いなんだよ!

相手は紫、一回戦を思い返しながらプランを立てる。先手は相手、初手デスメラモン登場(だった気が、レディデビだったかも)! どうやら事故ってるみたい、カオスデュークモンに警戒して横展開、返しのターン、またもやLv.4(ブラックグラウモン)登場、とことん事故ってるみたい! 一気に勝ち切ってしまうぜ~~! セキュリティチェック!

強い強い強い!!!!

セキュリティが超強い!!!!

1枚目石田ヤマト。2枚目八神太一&石田ヤマト、3枚目デスクロウ!!

盤面に白でちゃったから「究極合体デジモンへの融合!」発射体制も整っちゃったし、バリバリメモリー確保されちゃったし、デスメラモンにLv.6が乗るだけでヤバいし、デスクロウでこっちの盾が消えちゃったしでとんでもねぇ状況に。

おまけにしれっとブラックグラウモンにブラックメガログラウモンが乗っている。怒涛の4枚チェック2回攻撃が繰りだされようとしていた。

とはいえまだ猶予はあるし、パーツがそろっているとも限らぬ。限らぬ方面で冷静にプレイ。「デスクロウ」ケアで+リーサルにパイルドラモンを構えつつ、ジャックレイドケアでハンマースパークをがめる。最後のセキュリティからオメガモンズワルトDEFEATが飛び出すもジャスキルで勝利! セキュリティ強すぎて吐きそう!!

5回戦 VS 燃える男の赤

ウォーグレイモン

最終戦! 決勝トーナメントの可能性はもうないそうだ、いわば消化試合だが個人戦績も大事にしたい、最後の相手は「僕! でじのげんさんのファンです!」と豪語する男。

怪しい、こういうやつがホントは一番怪しいのだ!!!

そしてこの男、俺の記憶が正しければ前日のテイマーバトルで優勝している……。デッキは確か赤オメガ。そして香る……。ガイアフォースの香りがする!!!

ガイアフォースはインペリアルドラモンのジャミングをガン無視する最も危険な回答札。この戦い……。危険な香りしかしねえ、逃げてえ!

試合開始。相手は事故スタートみたい。Lv.5登場スタート。わかる人はわかると思うんですけど、赤のこれ全然うれしくないんですよ、ビクトリーグレイモン進化、オメガモン・オメガモンAlter-S進化と一撃必殺ムーブが無数にある。ほんとに嫌……。絶対セキュリティにもガイアフォースあるって……。

とは言えインペリアルドラモンにできることは1つ! 可能な限り裏目をケアして殴りまくるだけ。こちらも多少手札が悪いがバトルエリアにブロッカーを置き、複数枚チェックを警戒しながら立ち振るまう。

「このテンポならセキュリティからのガイアフォースでインペリアルドラモンが死にさえしなければ勝てるな~」と思い気が緩んだ! ここで俺の悪癖「ヘラヘラ」が発動する。

俺の強さは、どれだけ「黙れるか」で決まる。しゃべればしゃべるほど弱くなるし、黙れば黙るほど強くなる。「なら常に黙ればいいじゃん」と思うでしょう、でもそれができない、できるのなら小学校6年生の時に川名先生に怒られていない。

最終試合、俺に好意的な男、勝ちが見えた盤面、緩い雰囲気、条件が重なりに重なり、ここで完全に「ヘラ」った!

相「八神太一でメモリー3確保、ヴォルクドラモンをウォーグレイモンに進化!!!」

俺「うおおおおお!!!!!!! ウォーグレイモン! しかも1弾ウォーグレイモン! まさか使っているとは! ロマン! かっけえ~~~!!!!!」

相「う~ん……とりあえずアタック!」

俺「やべえええええ!!! うおおおお!!!! やべえって! 3枚削られたらやべえって! どうにか止められんのか!? セキュリティのオプション封じられてる!? もうセキュリティからオメガモンしかねえ! たのむううう!!!!」

~セキュリティチェック後~

シーラモン

シーラモン「なぜ俺を使わない」

相「シーラモン使わないのってなんかあるんですか?」

俺「いや……。」

言い訳させてくださいよ~みっともなく言い訳したいっす! ウォーグレイモンのかっこよさに持ってかれてシーラモン忘れてました! 怒涛の3枚チェックで一気にリーサル。追いつけず、そのまま攻め込まれて負け、あざした!!!

こういうこと書くと、たまに知らない人が怒ってくるんですけど、僕たちは僕たちで楽しんでいるんで、いきなり話しかけてくるのやめてもらっていいですか……。

CSは楽しい

そんなこんなで3-2。前日の勢いはあるようなないようなでFIN!

最後までぐうさんのお手伝いして、打ち上げに韓国ラーメン食って解散!

大会終了直後、「ケチャさん(@shouyumayo20161)」のエンシェントガルルモンデッキがかっこよすぎたので、そのままインペリアルドラモンとはお別れしました。

次回、デジモンカードエクストリーム大会レポート(3)「月火休みが始まった。怒涛の確変も始まった」

バトルオブオメガ環境の大会戦績

  • テイマーバトル5勝0敗
  • 非公認3勝2敗

トータル8勝2敗

-雑記

© 2021 デジモンカード情報まとめ Powered by AFFINGER5